学科の特徴

制御技術で輝く未来へ! 
電子機械科

生産システムにおけるメカニクス(機械工学)とエレクトロニクス(電子工学)とコンピュータの基礎を学び、機械制御やロボット制御に関する技術、 コンピュータによる制御技術、そして、これらの技術を融合したメカトロニクス技術を習得するのが電子機械科です。

機械科と電子機械科の1年生は、「機械・電子機械科」としてくくり募集され、2年生から機械科と電子機械科に分かれます。

○1年生では、機械系学科の基本となる設計・製図・情報処理・機械実習を核として、ものづくりの幅広い知識・技術の学習をはじめます。

  また、上級学年における学習と産業界の変化に対応できるよう基礎知識・技能と基本姿勢を身につけます。


○2年生では、1年生で学習した基礎を発展させ、機械制御に関する知識と技術の充実を図るため、生産システム技術・電子機械を学習します。

  また、実習時間の拡大をしてものづくりなどの体験的学習を通して実践力を育成します。

  興味・関心など多様な実態に対応し、2年生より選択科目(製図、工業管理技術)を導入しています。


○3年生では、最終学年として電子機械に関する専門的な知識と技術のさらなる深化・総合化を図るために、電子機械応用を学習します。

  また、将来の地域産業を担う人材の育成という観点から、外部人材を活用した授業等を行うなど、実践力、社会への適応能力等の育成を図ります。

  そして、素養豊かなたくましい工業人として卒業できることを目標にしています。

     
     



資格・検定