学科の特徴

化学で掴む未来−化学工業と環境の技術者を目指します− 
化学工業科
化学の技術は、プラスチック・合成繊維・医薬品・化粧品など、生活に密着したものを作り出しています。
化学工業科では、これらの製品を作り出している化学物質の性質、原理、合成、反応などについて基礎から応用までを系統的に学習します。


○1年生

工業及び化学に関する基礎を学び、化学に興味・関心が持てるようにします。
実習を通して学んだことが、より確実に理解できるようにします。
生活と環境とのかかわりなど、環境保全の重要性について学びます。

○2年生

より専門的な化学の内容を学びます。
多くの薬品を扱い、また、それらを反応させて、いろいろな物質を合成します。
環境技術・情報技術関係を学びます。

○3年生

高度な分析装置を使って、微量であっても何が入っているか、どれ位入っているかを分析します。
電気の基礎、溶接実習なども行い、幅広い工業人の育成をしています。
PETボトルリサイクルシステムを使って、リサイクルに関する技術を学びます。
より多くの資格取得を目指します。


授業・実習

1年生
【工業技術基礎】 ものづくりに必要な機械や電気に関する基礎的な実習を行います。
【化学工業実習】 分析に関する基礎的な実習を行います。
【情報技術基礎】 化学現場で使われる装置は、主にコンピュータで制御されています。コンピュータの仕組みとプログラミングについて学びます。
【 工  業  化  学】 物質の性質や化学変化に関する基礎的な内容を学びます。
【地球環境化学】 私たちは化学技術の発展により、豊かな生活ができるようになりました。しかし、その反面、地球環境の悪化を招きつつあります。
              この地球環境の保全のために、環境への影響をできる限り少なくする技術を学びます。

2年生
【化学工業実習】 1年生で学んだ内容を応用し、さらに詳しい分析技術を身に付けます。
            また、薬品の合成法や物性値の測定などを学びます。情報処理に関する実習も行います。
【   材料技術基礎   】  身の回りにある材料にはどのようなものがあることを学び、またそれらの構造、性質について学びます。
【生産システム技術】  工場の原動力は電気です。この電気に関する基礎を学びます。
【   工  業  化  学    】  1年生で学んだ内容を発展させ、化学反応に関して詳しく学びます。
【   化  学  工  学    】  化学工場では、化学反応を利用して製品を作ります。
                    そこでは、化学反応に用いられる装置や反応を起こしやすいようにする装置や機械が使われています。この機械や装置について学びます。2〜3年生時。


3年生
【    化学工業実習   】 機器による分析法やリサイクルに関する実習、2年生で学んだ合成法を発展させ、有機化合物の合成を行います。また、蒸留などの実習も行います。
【選択化学工業実習】 制御実習や旋盤、溶接などの機械実習を行います。また、工業に関する英語も学びます。
【 課  題  研  究】 数人のグループを組み、グループでテーマを決めて研究やものづくりなどを行います。
【化学工業製図】 ものを設計しつくる上で、両者が共通したルールを知っていなければ何もできません。
              このルールがJIS(日本工業規格)で定められており、このルールに則した図面の書き方を学びます。
【 工  業  化  学】 有機化合物の構造、性質、合成法について学びます。

     
     



資格・検定

全員が取得することを目指す資格

希望者が取得することを目指す資格